ピークエンドの法則

人は第一印象が大切であるとは、いつの時代も言われていることはありますが、それがすべてではないこともご存知かと思います。
では、ピークエンドの法則という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?
ピークエンドの法則とは、一つの出来事の印象を決定づけるのはピーク時(絶頂期)とエンド時(最終局面)の情報であるという人間の思考をあらわしたものです。

例えば良いことがあったと思えるのは、その出来事のピーク時もエンド時も同様の感想を持ったからです。
もし同じ出来事があっても、最後に楽しい気持ちにならなければ良い出来事だったと心から思えません。
仕事に置き換えても同じで、ピークに「いい仕事をした」と感じても、最後が尻すぼみなら、「まあまあ、いい仕事だった」と感じてしまいやすいのです。
良い印象を人に残すには、「終わり」がまさに肝心なのです。
この法則からすると、別れ際に口にする一言や行動=エンド時に女性に良い印象を与えられると、たとえあまり話が盛り上がらなかったデートであっても、瞬間的にでも盛り上がれば良い感情を持ってもらえて、さらに別れ際の一言で女性に良い印象を与えると、たとえデートの間中盛り上がっていなくても、最終的には素敵なデートだったと思ってもらうことができるということなのです。
「終わりよければ全て良し」「去り際が肝心」という言葉があります。
最後の最後で良い印象を与える素敵なデートの演出方法をご紹介します。

【ストレートに気持ちを伝える】
「また会いたいな」、「楽しい時間を過ごせたよ」、「君といると落ち着く」など素直に自分の気持ちを伝えることで、嬉しいと感じる女性が多いようです。
ストレートに気持ちを伝えることで女性の気持ちを盛り上げられます。

【次のデートを約束する】
「次回は、行きたいって言っていたレストランへ行こう」、「今度はいつが空いてる?」など具体的に次のデートの約束をしましょう。
男性が初めてのデートで上手くいかなかったと感じている時は、同様に女性も盛り上げられなかったなと不安に感じている場合が多いようです。
次の約束を決めることで、「また会いたいと思ってくれた。」、「楽しいと思ってくれた。」と女性も安心します。

【相手を気遣う一言を添える】
「寒いから風邪をひかないように暖かくして過ごしてね」「夜道は暗いから気をつけて帰るんだよ」など紳士的な大人の男性の余裕を見せましょう。
「私のことを気遣ってくれる優しい方なのね。」とキュンとすることまちがいなしです。

【特別感を感じさせる言葉を言う】
「こんなに話しが合うのは君だけだよ」、「初対面だけど運命感じちゃうな」など
言葉にすると照れくさいようなセリフですが、実際に言われると女性は特別感を感じるようです。

交際クラブに登録に来る女性は、ラグジュアリーなデートや、紳士的な男性にリードされたいという素人の初々しい女性が多いです。
ぜひピークエンドの法則を応用して、別れ際こそ好印象を与える素敵なデートを演出してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.