知らない振りが二人の仲を盛り上げる理由

デートの最中、女性と話をしていると、ついつい「それ、知っている」と反射的に答えたくなる話題が出てくることがあると思います。
気になる女性との会話は、楽しいことの方が多いと思いますが、女性特有の話の長さやくどさは男性には理解しがたいものかもしれません。
故に、「そんなの知っているよ」と軽く流したくなってしまうことも少なくないかもしれませんが、あえて「知らなかった!」と振る舞うことによって、女性との会話がより盛り上げることができるのです。
では何故、知らないふりをすることが、大切になるのでしょうか。

実は人間とは男女を問わず、ある意味「先生」のように振る舞いたいという欲求があるのです。
新しいことを知ると「誰かに伝えたい」と、思いますよね。
せっかく、二人で楽しい時間を過ごすのでしたら、女性の話したいことを聞いてあげることによって、女性も気持ちよくお話しができますし、その後の雰囲気も良くなります。
そもそも、女性がそういった情報を話すのは、「貴方に伝えたい」といった健気な理由があります。
ですので、女性が積極的に伝えようとしているなら、なおさら知らない振りをすることが重要かもしません。
「知ってるよ」と返してしまうと、女性も話の腰を折られてガッカリするかもしれませんし、他に話したいことがあっても、話してくれなくなる可能性があります。
あえて、知らない振りをすることによって、女性も積極的に会話を盛り上げようとしてくれますし、貴方の話もちゃんと聞いてくれるようになるのです。

しかし、知らない振りをすることによって、女性に嘘をついていることになるのではないかと懸念される方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、この場合の知らない振りは、嘘をついているのではなく「空気を読んだ」上での行為になります。
デートは、いかに相手の女性にとって、居心地良く、気持ち良い時間を作れるかが肝です。
ご自身の経験や知識を話すことも、女性にとっては大変貴重な時間とも言えますが、相手が話したいことを話させることもコミュニケーションをとる上でとても大切です。

また、女性から教えてもらったことをあえて実践し、それを報告するのも大変有効です。
そうすることによって、女性も「覚えてくれてたんだ」とより嬉しい気持ちになりますし、貴方に対しての好感度もぐっとあがります。
デート中のコミュニケーションは、お互いのために必要なことです。
会話が盛り上がれば、次のデートに繋がる可能が高くなりますし、長期的なお付き合いも夢ではありません。
気になる女性との仲を盛り上げたい!という方は、是非実践してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.