レディーファースト

交際クラブに登録している女性初回のデート後、2回目3回目と継続してお会いする際に、どうしたら彼女を喜ばせることができるか頭を悩ませている男性もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はそんなお悩みを少しでも軽減できるように、女性が喜ぶポイントを抜粋して、ご紹介していきたいと思います。

まず、皆様の中には初回のデートは気合いを入れるけれど、2回目以降に関しては「もうお互いに顔見知りだから特別な気遣いはいらないよね。」と、安心されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
親しみが湧くことは悪いことではないですが、「その気遣いを省かれると寂しい気持ちになってしまう。」という女性は結構いるものです。
女性が仲良くなっても男性にしてほしいと思うポイントをお伝えします。

【女性は基本的に「レディーファースト」を求めている!?】
いくつになっても女性は女として扱われる場面がほしいと思っています。
特にプライベートで時間を作って会う男性には、ことさら自分を特別な女性に見て欲しいという気持ちが強くあるものです。

【一般的に知られているレディーファーストの例】
・道を歩くときは、男性が車道側を歩き、女性の身の安全を確保する。
・お店などのドアは、男性が先に立って開けて、女性が通りきるまで押さえる。
・高級レストランで案内係が付くときは、女性を先にあるかせて男性がその後ろを歩く。案内係がつかないようなレストランでは、男性が先に立って女性をエスコートする。
・レジでの勘定は、どちらの負担であるかにかかわりなく男性が行う。
ちなみにレディーファーストからは外れてしまうかもしれませんが、お別れする時にちょっとした美味しいお菓子などを手土産でお渡しするのも女性に喜ばれます。
慣れていないと肩が凝ってしまいそうなレディーファーストですが、女性側からすると一緒に居る男性にそういった気遣いをして貰えたら嫌な気持ちにはなりません。
むしろ周りに自慢したくなる紳士な男性として株がアップすること間違いなしです。

ただ、中には「レディーファーストをされると嫌。逆に気を使ってしまうからそこまではしなくて良い。」という女性もいます。
女性の反応を見ながら喜んでいるなと感じたポイントは、なるべく続けていきましょう。
そうしていく内に、女性側からも素敵な心遣いが返ってきたり、素敵な歓びの連鎖を生み出していく理想の関係になれると思います。
そんな素敵な出会いを見つけられるのは、高級交際クラブならではかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.