40代・50代男性ならではの魅力

40代・50代のごく普通の男性とは・・・。
会社を経営している、仕事で成功しているという立場だけど、お腹も出ていて、年相応にシミやシワ、白髪もある。

しかし、ご自身では条件が良くないと新しい出会いに尻込みしている男性も、若い女性の恋愛対象になることがもちろんあります。

それには「40代・50代男性ならではの魅力」を、若い女性に正しく伝えることができているかという点に集約されます。

「それができれば苦労しないよ~」と思われるかもしれませんが、実は誰にでもできることなのです。
なぜなら、前述した男性の条件や特徴は、ごく普通の一般的なものだからです。

では、若い女性の恋愛対象になりうる40代・50代男性とはどのような魅力があるのでしょうか。

年齢や容姿、それだけで人の魅力は計れませんが、若いうちはそれらが魅力の一つであり、武器にもなりえます。年齢を重ねた男性には若い男性ほど有力な武器にはならないかもしれませんが、それ以外の「他の何かの魅力」があるからと言えるでしょう。
若い男性にはない40代・50代ならではの魅力を、若い女性にあぴーるできているからこそ、若い女性の目に魅力的に映るのでしょう。
40代・50代の男性に対して、20代・30代の男性の「若さ」とか「若々しい」といった特徴は、どちらかというと、「容姿的な要素」を指します。
40代・50代の男性は、彼らのように若くはありません。
見た目も若い男性に比べ、「容姿的な要素」では、残念ながら見劣りしてしまいます。
ということは、若い女性にモテる40代・50代の男性は、「容姿ではない要素」でモテていることになります。
40代・50代で容姿がぱっとしないにも関わらず、モテる方がご自身の身の回りにいらっしゃいませんか?

例えば女性との会話。
これは目に見えることではありません。
一緒に過ごすのが楽しい、話しているとほっとする、落ち着くなどは「心理的な要素」です。
これは会話が要点ですので、「容姿的な要素」は関係ありません。
若い男性が意識しない、「女性の話を途中で遮ることなく、じっくりと最後まで女性の話に耳を傾ける」といった行動も「大人の男性」にとっては難しいことではないと思います。
これさえ意識すれば、年の離れた若い女性の心理や精神的に良い影響を与えることができそうです。

また女性とのデートでも若い男性が女性に与えることのできない体験を女性に与えられれば、女性は心理的、精神的に充足感を得ることができます。
つまり、若い女性の恋愛射程距離に入るためには、女性の精神的、心理的な部分に上手く訴える必要があるのです。
若い女性の「心」をつかむのが上手い男性は、年齢に関係なくいつの時代もモテる男性といえるでしょう。

『LEON』などの40代・50代男性向けの雑誌では、こういうファッションや髪型をすれば、若い女性にモテるなどと書かれていますが、それはあくまで参考にする程度でちょうど良いと思います。
それをやらないよりはやる方がいいですが、それは若い女性にモテるためのメインのメソッドではないのです。
くどいようですが、容姿的な部分では若い男性には敵いません。

逆に、またお腹が出て、髪が薄くなっていたとしても、若い女性の「心」を上手く掴む男性は、いくつになってもモテます。

年齢を重ねていても若い女性にモテる男性の特徴は、「女性の心を掴むのが上手い男性」です。

このことを、頭の片隅で覚えておいていただいても損ではないはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.