若い女性との喧嘩の上手な回避方法とは?

交際クラブで、お目当ての女性とようやくデートにこぎつけた時は嬉しいものですよね。
特に「年下の女性」は、普段仕事で接することがあまり無いので、デートをすると新鮮な刺激があるものです。

丁寧な受け答えができ、失礼の無い様に接することができるのは、それなりに経験を積んだ「大人の女性」ですが、ビジネスライクでつまらなく感じてしまう事もあるのではないでしょうか?

仕事の疲れを忘れられるような、こちらまで元気になるような楽しいデートを期待するのであれば、やはり「若い女性」です。
交際クラブに登録している10
代~20代前半の女性は社会経験も浅く、フレッシュな対応が期待できます。

ただ、10代~20代前半の女性だと、あまり大人に気をつかわずに甘えてくるので、彼女らのちょっとした失言につい不快になってしまうことがあります。
女性に悪気は無いにしても、失礼な発言をされたらやはりイラッときてしまいますよね。
そんな時はあまり我慢せずに、やんわり嗜めてあげるといいでしょう。
注意されることによって女性も「どんなことが大人にとって失礼になるのか」理解するでしょうし、年上の男性の頼もしさを実感することになります。

せっかく若い彼女と愛を育んでいる時期に、つまらないことで口論や言い争いになってはもったいないでしょう。
「可愛さ余って憎さ百倍」という言葉もあるように、好きだからこそ、そんな相手との喧嘩はつい熱くなってしまうもの。
どうしても「許せない」と感じてしまったら、ひとまずトイレにでも退避して冷静になり、ムダな傷つけ合いを避けるためにク-ルダウンするのも一考です。

また、若い女性ほど汚い言葉遣いをしてしまいがちです。
何の意味もなく「ウザい」「キモい」など、マイナスな言葉を使ってしまいます。
激しい言葉に大人はびっくりしてしまいますが、実は悪気無く普通に友達同士で使っている言葉なのです。
ただ、いくら若い女性といえど、気を許した相手にしかこういった言葉遣いはしないので「若者言葉」が出てきたら、女性があなたに気を許している証拠だとプラスに受け取ってみてはいかがでしょうか。

しかし、女性が同世代の友達同士で深く考えずに普通に使っている言葉でも、大人はつい言葉どおりの意味に捉えてしまいがちです。
本気で言っている訳ではないので、軽く流して若い女性との会話を楽しみましょう。
あまり気になるようなら「本気にしてしまうから年上には使ってはいけないよ」とやんわり嗜めてみてもいいでしょう。

怒りに任せて激しい言葉で叱責してしまうと、せっかく女性が心を開いてくれたのに引いてしまうことになりかねません。
「若い女性は失礼で当たり前」くらいの気持ちで接すると、穏やかな気持ちで会話を楽しむことができます。

ぜひ温かい目で見守って、彼女が洗練された女性になるまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.