デートクラブとの相性

デートクラブでよく耳にする、「フィーリング(相性)」ですが、大抵は「女性」と「男性」の「フィーリング(相性)」を指すことが多いですが、「男性」と「デートクラブ」の間にも「フィーリング(相性)」があります。

長年に渡って当デートクラブを楽しく利用して下さっている男性も沢山いらっしゃいますが、その反対になかなか自分に合うデートクラブが見つからず、都内のデートクラブを転々としていたり、想像との違いからかなかなか利用されない男性などがいらっしゃいます。
当倶楽部は、老舗の交際クラブですが、設立当初の頃から長年に渡って利用して下さっている男性会員様もいらっしゃいます。
そのような男性はデートクラブにおける楽しさや難しさなど、よくご理解頂いている方ばかりです。
デートクラブのメリットや楽しさは、「普段は知り合う機会のない女性と出会える」ということが第一に挙げられます。
もちろん、デートクラブを利用されるVIPな男性は普段から華やかな女性と出会う機会は多いものの、普通のご職業に就いた女性や、若い学生さんと出会う機会はなかなかないようで、デートクラブを利用することで、出会いの幅が広がるのです。
また、仕事関係で出会う女性とはデートしたくないという男性も珍しくはなく、まったく違うフィールド(デートクラブ)で好みの女性を探す方も多いのです。
しかし、女性が素人の女性ということもあって、難しさが同居するのがデートクラブの特徴とも言えるかもしれません。
デート当日、男性が体調不良になってしまったり、急な仕事が入ったり、身内に不幸があった場合デートをキャンセルされると思います。
もちろん、それは女性も同様なのです。
しかし、女性からの急なキャンセルに対しては、憤りを感じる男性がほとんどでしょう。
デートクラブの男性は、女性に比べ、圧倒的に多忙な方ばかりのため、女性の予定に合わせ、デートのためにわざわざ仕事を調整するという男性もいらっしゃいます。
また、最初のデートから女性に喜んでもらうために高級レストランを予約してくださる男性もいるのです。
そんな中で、女性からの急なデートのキャンセル・・・ということがありますと、その労力や気持ちが無駄になり、憤りを感じるということは当然のことです。
しかし、同じ状況において、感情を露わにする男性と、冷静な男性との間には、「デートクラブ」に対する理解度に差があるのかもしれません。
デートクラブに登録している女性は、何かしらの本業を持っている普通の女性です。
水商売の女性や、風俗の女性のように、シフト制で給与をもらっている女性とはまったく違います。
まれに、女性のデート可能日を倶楽部がすべて把握していると思っていらっしゃる会員様がいたり、すぐにデートへ向かえるよう女性が事務所に待機していると勘違いしている男性会員様がいらっしゃいますが、そのようなことは一切ございません。
男性会員様と同様に、デート当日に急な仕事が入れば、デートクラブの約束よりも、仕事を優先しなければならないことにもなりかねないのが登録女性です。
デートクラブのデートを優先して、仕事を放棄するような無責任な女性に好感を持ちますか?
プライドを持って仕事をされている成功者の男性の方々には、責任感を持って仕事をしている女性の立場をご理解頂けると思います。
そのようなことを、理解している男性とそうでない男性で、デートクラブを楽しめるかどうかに違いがあるのです。
長年に渡って当デートクラブを楽しく利用して下さっている男性は、そのようなことはよくご理解下さっています。
ですから、女性からも敬われ好まれるのではないでしょうか。
女性と楽しいデートを重ねることで、倶楽部にも信頼を持って下さっていると思います。
反対に、デートクラブで思い通りにいかないことがある度に、倶楽部側や女性側を批判される男性会員様は、男性ご自身もデートクラブでの居心地を悪く感じていらっしゃる可能性もありますし、なかなか女性とのおつきあいも進まないことが多いようです。

デートクラブを利用したいと思えば、お金さえ払えば入会することは可能です。
しかし、デートクラブを楽しむことができるかどうかは、男性次第なのです。
「デートクラブ」をよくご理解頂き、楽しんでいただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.