ラインをうまく使いこなしましょう

今はスマートフォンなどが普及し、電話に加えてメールやラインのような連絡ツールを手軽に利用し活用する時代です。

交際クラブでもデートのお相手女性に、メールを聞くのではなく、ラインの交換で連絡を取ることも一般的になっています。

その便利な連絡ツールを有効に使って、お目当ての女性をくどき落とすこともできるのです。

 

交際クラブでは、初対面の人同士が一定の時間を一緒に過ごします。
お二人共が気に入れば2回目以降のお約束はお二人で自由に決めていただけます。
もちろんその際は、倶楽部への報告などは一切不要です。

逆に「イメージと違った」、「フィーリングが合わなかった」といった理由で、それ以降のお約束はしないという選択肢もございます。

 

交際クラブは、お二人の出逢いのサポートをさせていただきますが、それ以降についてはお二人のお気持ちが一番大切です。

ですので、お二人がどのような連絡方法をとるのか、築く関係性にもタブーがないのです。

お二人のお気持ちが合いさえすれば、末永く良い関係になることもできます。

女性と長いお付き合いを愉しむためには、お相手について深く知り、お互いにコミュニケーションを取っていくことが大切です。

そこで、上手に使いこなせば女性との仲が深まる、ラインが重要になるのです。

 

メールとライン、何がどう違うのでしょうか。

若い女性によると、「メールは画面を開いて確認しなければならないので、面倒だと感じている。」ということのようです。

一方ラインは、レスポンスが早くとれ、相手が自分のメッセージを読んだかどうかも確認ができます。

一昔前のチャットのような感覚で、リアルタイムで相手とのやり取りができることが魅力のようです。

また、スタンプで自分の気持ちを表現でき、簡単に相手にメッセージを送れます。

上手く使えば、女性との仲を取り持つ最強のツールとなり得るラインを活用して、女性の気持ちを掴んでくださいね。

 

皆様が交際クラブで知り合う若い女性は、ほぼ100%といえる程ラインを利用している世代です。

だからこそ、既読スルーを宣言しておきましょう。

デート倶楽部で知り合った男女は、お互いの距離感を掴めていないことも多く、どのくらいの頻度で連絡を取れば良いかがわからないと思います。

若い女性は、ラインという気軽な連絡ツールの登場により、他者とのコミュニケーションを頻繁にとります。

既読スルーという言葉もあるように、メッセージを読んだ形跡があるのに、返事がないことにひどく落ち込んだり、憤慨したりということがあるようです。

ただ男性会員様のように、お忙しい皆様は、頻繁に連絡をとることも難しいことと思います。

特に返事の必要がないようなメッセージの場合は、返事が遅くなってしまう場合があることを先に伝えておくと良いと思います。

返事をしなければという義務感が生まれると、女性との連絡そのものが億劫になり、それから先の関係性も負担に感じるという悪循環に陥る可能性もあります。

女性との信頼感を失わないためにも、既読スルー宣言は必要ではないでしょうか。

 

女性との連絡ツールで一般的になりつつあるラインですが、上手く使えば非常に便利で気軽です。

時代の波に乗って、若いお嬢さんとの恋愛を楽しみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.