男気溢れる男性とは

女性の大半は、「男気」のある男性を好みます。

交際クラブに登録する女性というのは、年上の男性との出逢いを強く望んでいますので、その気持ちも更に強いものであるといえるでしょう。

男気がある男性とは、「犠牲を払って人に尽くしてあげることができる男性」を指します。

しかし、最近では、その男気を少し勘違いしてしまう方がいらっしゃいます。

男らしく、強い男性の象徴のように振る舞うことのみがクローズアップされがちです。

しかし、一歩間違えると、「男気」を履き違えているように見えてしまい、女性から嫌悪感を抱かれてしまうことになりかねません。

それでは、本当の男気と、間違った男気では、どこに違いがあるのでしょうか。

まず優しい男性です。

「優しい男性」というと、男気のある男性とは正反対のように感じます。

しかし、男気のある男性というのは相手の痛みもわかってあげることができます。

「優しい男性」は、何でも女性の言うことを聞いてあげる男性のことを指すわけではありません。

本当に優しい男性というのは、女性が何かトラブルなどに直面した時に率先して前に立ち配慮してあげることのできるものです。

例えば、交際クラブのデートの時に、女性が服を汚してしまったとしましょう。

その際に貴方はどのような行動をとりますか?

多くの男性は、「気にしなくて大丈夫だよ。」と声を掛け、ハンカチなど衣服を拭くものを貸してあげたりするのではないでしょうか。

もちろんこの行動も、気が遣える優しい男性だなと感じてもらうことができるでしょう。

それでも更に女性へ男気があるところをアピールするのなら、彼女の気持ちを深く推し量ってあげる必要があるでしょう。

きっと洋服を汚してしまった女性は、外を歩くことも気が引けています。

男性が「気にしないで大丈夫だよ。」と言っても、女性は「私のことを恥ずかしく思うのではないかしら。」と落ち込んでしまうかもしれません。

このような場合は、タクシーなどで移動をし、できる限り外を歩くことを避ける、明るすぎないお店をチョイスするなど、交際クラブに入会している男性ならではの紳士的な配慮をしてあげてくださいね。

そして、意外と間違っている方が多いのが、「亭主関白=男気のある男性」であるということです。

「自分の言ったことを曲げない」、「年上ならではの圧力をかける」、などは、ただの亭主関白気味なわがままな男性であり、決して男気があるとはいえません。

一見、「俺について来い」というような逞しく男らしい男性のように感じますが、女性からは、単に自分勝手な男性だと思われてしまうことでしょう。

もし、「俺について来い」というのであれば、相手の女性が「この人について行ってよかったな。」と感じられるような配慮も必要です。

ただ上っ面の言葉で逞しいセリフを口にしても行動で示さなければ、いつかボロは出ます。

本物の男気とは何かと今一度考え、行動にうつしてみてください。

その男気ある行動だけで、女性のハートを射止めることができるかもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.