交際クラブのデートを成功させる要

初めての逢瀬を無事に終えて、次のデートのお約束をしたと仮定します。

2回目のデートが翌日まで迫ったとき、前日に貴方は女性に対して、どのようなアクションを起こしますか?それとも、何もせず明日を迎えますか?
正式なお付き合いをスタートする前のデート成功の鍵は「前日の連絡」にあるのです。
男性からデートの前日に他愛もない連絡があることは、「ないこと」と比較すると「あること」は、女性にとって貴方の好感度が確実にアップするアクションの一つなのです。
もしかすると、「そんな連絡の一つや二つで印象なんて変わらないのではないか。」とお考えの男性もいらっしゃるかもしれません。
たしかに、高級交際クラブに入会している男性は、一分一秒を大切にしていらっしゃるので、連絡一つする時間も惜しいとお考えかもしれません。
初回のデートが楽しい時間で終わり、2回目、3回目のデートも終えたお二人であれば、そのような小さなことで印象が左右されてしまうことに、違和感を覚えるかもしれません。
前日に連絡することで、「明日が待ちきれない。」といったような、少し重たい印象を与えてしまう可能性をご心配されるかもしれません。
しかし、たった一通の「デートの前日連絡」だけで、女性に好印象を与えられるなら、それでもデートの前日連絡をためらう理由になるでしょうか?
また、デート成功への第一関門を突破できるとわかっていても、貴方は行動に移さないのでしょうか。

それでは、女性目線でみたデートの前日連絡は、どのように受け取られているのでしょうか。
それは、純粋に「デートを楽しみにしてくれている=私と会うことや過ごす時間が楽しみなのかしら」と、好意的に受け取ります。
「楽しみにしていなかったら、わざわざデートの前日に連絡なんてしないよね」という会話は、頻繁に女性同士のトーク内で語られます。
ですので、デートの前日にどんなに簡単な内容であってもメールを入れるだけで、女性の心をぐっと掴むことができます。
そしてその気持ちのまま翌日を迎え、お待ち合わせの時から楽しい雰囲気が流れ、デートの成功率が上がるという、良いこと尽くめなのはお分かりいただけたと思います。

また、逆にデートの前日に連絡がないと、女性はどのように思っているのかというと、「明日って本当に会うのかな」、「予定通りで大丈夫なのかな」という不安な気持ちでいっぱいになります。
つまり一言でいえば、翌日に控えたデートが心配なのです。

デートの前日連絡がないということだけではなく、付き合い始めの頃や、付き合う前の段階では、女性は小さな不安を感じやすいものです。

終わりよければ全て良し・・・という、ことわざがありますが、終わり良くしめるには、少なからず始まりも良いスタートを切ることが大切なのです。
デートの前の日に簡単な連絡をすることで、幸先の良いスタートが切れるのであれば、使わない手はありませんよね。
高級交際倶楽部で、縁合ってめぐり会ったお二人なのですから、大切に良い関係をつくってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.