デリカシーのない褒め言葉

自分の「好みだな」、「タイプだな。」と思う女性に

その気持ちを素直に表現することは、とても素晴らしいことです。

しかし、ときには、あまりにも「正直な表現」で褒めてしまうことにより、

女性に不快感を与えてしまったり、相手を困らせてしまうことがあります。

 

そこで、女性が傷ついてしまう異性からの褒め言葉をいくつかお伝えさせて頂きたいと思います。

 

1.「安産体型だよね」などと、むっちりとした体型の女性を褒める言葉

 

いわゆる、ぽっちゃりした女性を好む男性は、意外にも多いものです。

しかし、女性は気にしている人が多く、

「ぽっちゃりしてるから好み」などと褒めてくれる人に対して、

「素直に喜ぶことができない」と感じることが多いようです。

「安産型でいいね」や「痩せてないところが魅力的」などと言われると、

自分で気づいていても、落ち込むものです。

気にしているからこそ、言葉の意味を深く考えてしまいますので、

「ぽっちゃり体型」については、自分が好きであっても伝えない方がよいでしょう。

 

2.「メイクが上手」「写真うつりがいい」など、「実物はそれほどでもない」と受け取られてしまう言葉

 

交際クラブでのデートの場合、男性はお写真で女性のご容姿を判断します。

そのため、初対面で「化粧映えするね。」、

「写真と少し変わるね。」などと、相手を褒めようと思って伝えた言葉でも、

「実物はそれほどでもない」と言われているようで、女性は傷ついてしまいます。

男性が素直に「いいな」と感じて伝えた言葉が逆に嫌みに聞こえてしまうパターンですね。

そうなると、もう二度と会いたくないと思われてしまう可能性もありますので、

女性のよいところを褒めるのは悪いことではありませんが、

相手がどのように受け取るかを想像しながらお話しをして頂ければと思います。

 

3.「決して美人というわけではないけれど、オレにはストライクの顔!」などと、

褒められているのかよく分からない微妙な言葉

 

「美人じゃないけど、俺はすごく好みの顔!」や

「マニア受けするタイプだよね」などと褒められても、女性は嬉しくありません。

どう受け止めていいのかわからない言葉に、女性は戸惑ってしまうことでしょう。

思わぬところで墓穴を掘ってしまう可能性があります。

余計なひと言は付け加えずに、「すごく好みだよ」「綺麗だね」などと

シンプルな言葉で相手を褒めてあげましょう。

 

4.「いやらしい顔をしているね」「胸大きいね!何カップ?」など、下心むき出しの褒め言葉

 

デートの際、男性の下心むき出しの発言に、不快な思いをしたという女性も中にはいるようです。

「いやらしい顔をしているね」、「スタイル抜群ですね!胸も大きいし!何カップですか?」などと

男性はワクワクする気持ちを素直に伝えただけかもしれませんが、

女性は不快に感じてしまうかもしれません。

品位が問われかねないので、「セクシーだ」と感じる相手であればこそ、

努めてその点には触れず、紳士的な態度を心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

デリカシーのない発言、褒め言葉に引いてしまう女性は多いものです。

また会いたいという女性であればあるほど、

相手がその褒め言葉をどのように解釈するのかを想像して言葉を選んでくださいね。

女性の気持ちを思った褒め言葉には、彼女もきっと心から喜んでくれるでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.