「レストランでの気遣い」

女性が、初デートの好印象に思う男性の振舞いで、好感を持つものに多く挙げられるのが、「気遣いができる」ということです。
気遣いというのは、デート中のいたるところで垣間見えるものだと思いますが、今回は、レストランでのオーダーについて重点的にお話させて頂ければと思います。

まず、交際クラブで行っているサービスの1つで、男性・女性共に喜んで頂いているのが、「事前に食事の好みを伺う」ということです。
この時点で、既に相手から「気遣いができている人だな。」と好印象を得ることができます。
コース料理で事前に予約をする際にも、女性の好みを把握して、お店に伝えてくれる気遣いに女性は喜ぶことでしょう。

ただ、男性の中には、直接、レストランのメニューを見て、オーダーするものを決めたいというアラカルト方式を好む方も多いと思います。

その際に、できる気遣いというのは、当たり前ですが、女性にメニューを見せてあげて、食べたいものを注文してもらうということです。
「えぇ!そんな当たり前のこと?」と拍子抜けするかもしれませんが、男性の中には、「リードしなくては!」、「スマートに注文できなくちゃ格好が悪い」などと焦ってしまい、女性にメニューを見せることなく、勝手に注文してしまう・・・という方もいるようです。
決して悪気があるわけではないでしょうが、女性は、メニューをゆっくり見ながら、一緒に食べるものを決めたいと思う方がほとんどです。
ですので、よく行くお店の場合だと、「ここは○○が美味しいんだよ。」や「○○がおすすめだよ。」などと、メニューを見せながら教えてあげると、会話も楽しめて打ち解けることができるでしょう。

また、飲み物を注文する際にも、気遣いが必要です。
例えば、事前の倶楽部を通したやり取りの際に、女性から「ワインが好き」などという返答をもらっていて、「それでは、当日はワインを飲みながら食事をしましょう」 ということになっていたとしても、ファーストオーダーからボトルを頼むのではなく、まず1杯目はスパークリングワインやシャンパンなどの食前酒を頼みましょう。
ある程度の時間が過ぎたら、店員さんが飲み物をどうするか聞いてきますので、 お食事に合う赤ワインや白ワインをボトルないしグラスで注文すればスマートです。

男性は、「デートでは、自分がリードするもの」と考える方が多いですが、初めてのデートで、女性のことを深く知らないうちは、女性に聞く、歩み寄るという気遣いも次に繋がる大切なことだと思います。

しっかりとした「男らしさ」を見せることも必要ですが、初デートでは、優しさが伝わるような気遣いを見せるのも1つでしょう。

時に、優しい男性は「頼りない」と思われてしまうこともありますが、交際クラブでの初デートでは、「顔合わせ」の意味が強いので、優しくて気遣いしてくださる男性のことを「頼りない」と感じる女性は少ないものです。

是非、交際クラブでの初デートは、優しい気遣いで相手の女性に好印象を与えてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.