デートで避けた方が良い、女性への振舞い方

女性は、デートに夢を描くものです。
ましてや、交際倶楽部でセッティングする出逢いは、お会いするまで男性のお顔が分かりません。
そのため、女性は
「どんな素敵な紳士が現れるのかしら」、
「どんな素敵なデートにエスコートしてもらえるのかしら」と胸を躍らせながらデートに向かうのです。

そんな中で、デート中に「紳士的ではないと思える振舞い」をされてしまうと、
期待感を膨らませて高揚した気分でデートに臨む分、女性のテンションが下がるのも早くなってしまいます。

男性主導の交際倶楽部ですが、
お好みの女性とのお付合いを楽しむためには、女性の感情の波をうまく掴むことが必要なのです。

今回は、「紳士的な振る舞い」ではない、デート中に気を付けるべきポイントをいくつかお伝えさせて頂きます。

まず、女性から多く挙がるNGな振る舞いが、
「クチャクチャと音を立てながら食べる」という行為です。
どんなに外見が良く、スマートでも、食事のマナーが悪い方とは一緒に過ごしたくないと思うようです。
中国や韓国などのアジア圏の多くは、口を開けながら「クチャクチャ」と食べることで、
「美味しい」という意味を表現するようですが、日本の場合は逆です。
昔から、音を立てずに静かに食べることが美徳とされてきました。
デートの際にも、口を開けて食べたりすることがないよう、そして、正しいお箸の持ち方でお食事を楽しみましょう。

次に、お伝えするNGポイントは、
デート中に、「聞いてもいないのに元カノの話をする」ということです。
特に交際倶楽部でのデートでは、他の女性のお話をペラペラとお話するのは避けた方が良いでしょう。
交際クラブで、女性がどのように紹介されているかを話すのはもってのほかです。
そうすることで、女性は
「この人は、他の子にも同じようなことを話しているのだろうな。」と感じ、警戒します。
一度、女性が警戒心を持つと、解けるのには倍以上の時間と手間が掛かります。
もう二度と会ってくれないことも十分ありえますので、
元カノの話や、交際倶楽部で出会った他の女性の話はしないようにしましょう。

そして、まだ親しくなっていない段階で、馴れ馴れしくボディタッチをするというのも、
女性に嫌がられてしまうNGポイントのひとつです。
交際倶楽部でのデートとはいえ、急いで親しくなろうとすることは逆効果です。
出会って1、2時間でボディタッチをするのではなく、焦らずゆっくりと2人の距離を縮めていきましょう。

また、デート中にレストランの料理にケチや文句をつけてばかりいる男性を時に見かけます。
交際倶楽部に上記のようなデリカシーのない男性はいないと思いますが、
女性は引いてしまいますから、絶対しないように意識しましょう。
同時に、店員さんに横柄な態度を取ることにも、女性は嫌悪感を抱きます。
もし、店や味に不満があったとしても、乱暴な言い方は避けましょう。
言わずに我慢するのも1つです。

どのポイントであれ、女性は一度、「この人はちょっと・・・」と感じた男性と、
その後、恋愛へ発展することはありません。
少しでも心当たりのある男性は、悪気がなくやっている行為だとしても、
命取りになる場合がありますので注意が必要です。
是非、スマートで紳士的な振る舞いを心がけ、素敵な女性とデートを楽しみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.