女性とより良いお付き合いをするためには・・・

交際クラブは、男性が好みの女性をデートにお誘いすることから始まり、ファーストデートのみを倶楽部がセッティングさせて頂くというシステムです。
2回目以降のデートはお2人で自由に進めていただいてはおりますが、中にはセカンドデートになかなか繋がらないと嘆く男性会員様もいらっしゃるようです。
しかし、当倶楽部には、特定の男性とのお付き合いが決まったので「退会したい」とのご連絡を、女性からいただくことがございます。
女性と良いお付き合いに発展する男性と、そうならない男性、
そこにはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、女性と良いお付き合いに発展しやすい男性の特徴や、好印象をもたれるための方法を5つ、挙げさせていただきます。

まず1つ目、「マメな男性」は女性からモテます。
例えば、ファーストデートの別れ際、「連絡するね」と男性がおっしゃっても「すぐにデートのお誘いができない」という理由で、女性への連絡が疎かになってしまう場合。
女性は連絡がこないことに、「気に入ってもらえなかった」とマイナス思考になる方もいらっしゃいます。デートの時は盛り上がっていたとしても、やはり不安になってしまうのです。
そして、数日後・数週間後に男性が女性に連絡しても、なかなか返事がこないということもあるのです。
そうならない為に、女性と別れた後や、または次の日に「おはよう」の一言など、短いやりとりでも構いませんので、女性に連絡をする、それだけで、その後の関係は変わってくるものです。

次に、2つ目は「ミステリアスであること」です。
交際クラブに限らず、初対面の相手に明け透けに自分のことを語ることは、あまりお薦めいたしません。
自分のことをもっと知ってもらいたい、または警戒心を解くために、自分の話を初対面の相手にいろいろと話してしまう方もいらっしゃいますが、自分のことは適度に話し、聞き役に徹することで、相手に興味をもってもらえるのです。
女性に聞かれたことをすべて話すのではなく、ときには隠したり、秘密にすることが効果的といえるでしょう。

3つ目は、「女性の目を見て話す」です。
ファーストデートでは男性も緊張してしまい、なかなか女性の目が見られないという方も少なくないようです。
しかし、女性からするとそのような行為は、緊張しているというよりも、どこか不誠実な男性に映ってしまいがちです。
「自分に不満でもあるんだろうか・・・」と、女性は不安になってしまい、デートが盛り上がらなくなってしまいます。
ファーストデートでは特に、女性に不信感を与えないためにも、適度に女性の目を見て、女性の話しに対してしっかり相槌を打ちましょう。

4つ目は、「笑顔を心掛ける」です。
3つ目同様、男性が無表情ですと、女性は「自分と一緒にいて楽しくないのかな」と受けとめてしまいます。
男性の場合も、無表情な女性とデートをしても楽しくありませんよね。
それと同様に、女性が笑顔で挨拶をしても、男性が無表情なままでは、女性はその場を去りたくなってしまいます。
笑顔は好感度を高めるのに絶対的な効果があるため、話すのが得意ではない男性は特に常に笑顔を心掛ける必要があります。

最後の5つ目は、「丁寧な言葉遣いで話す」です。
交際クラブでは普段なかなか出会う機会のないような、一回りも二回りも年下の女性とデートすることが可能です。
その際に、年下の女性だからといって、上から目線で話したり、乱暴な話し方や常にフランクな話し方をする男性は、女性から好感を得られません。
女性によっては、「子供扱いされている」、「偉そうで何だか怖い」と感じてしまいます。
相手が年下の女性であっても、丁寧でスマートな話し方をすることで、女性は男性に対して、紳士的で誠実な印象を受けます。

これらに気を付けていただければ、どんな女性ともセカンドデートに繋がることでしょう。
交際クラブで出会った好みの女性と、より良い交際をするために是非参考になさって下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.