デートクラブで活かせる『視線』と『思考』の関係性とは

デートクラブを通じての初デートは、男性にとっても女性にとっても「初対面」のお相手とのデートになります。
お会いしてすぐの二人にとって、お互いについてわからないのは当然のことですよね。
もし「人の気持ち」を探るコツを知っていれば、女性の隠れた心理を見抜けるかもしれません。
そんな中、米のリチャード・バンドラー博士とジョン・グリンダー博士によって考え出された研究に、「神経言語プログラミング」があります。
その研究の結果により、人間の「目の動き」と「思考」に、深い関わりがあることが発見されました。
これを応用して、デートクラブで素敵な女性との初デートの際、女性の「視線や目の動き」に注意してみましょう。
お相手の女性の気持ちを探るヒントになりそうですね。
まず、一つ目は「目線が左上を向いている」場合です。
これは、その人が「過去に体験したこと」を「思い出している」時に見られる視線の動きです。
例えば、「昨日の朝食は何だったかな」とか、「先週買った本はどこで買ったのだったかな」といったように、「何かを思い出そうとしている時」などは、目線がこのように動くそうです。
次に、「目線が右上を向いている」場合です。
目線がこのように動く時は、先ほどとは反対に「未来の出来事」を「想像している」時だそうです。
脳科学的にみて、左脳が「記憶」、「右脳」が「想像」や「思考」を司っていることと関係性があるのかもしれません。
実際に「嘘をついている時」も、「想像」して話しているので、目線が右上を向いてしまうそうです。
三つ目が、「目線が真上を向いている」場合です。
「自分の考えをまとめている」時に、このような目の動きをするそうですが、実際のところは、別件や、今話している相手ではない人のことで考えをまとめていることもあるようです。
最後は、「上目遣い」の場合です。
視線が上目遣いの時は、「自信がない」状態や「戸惑っている」状態の時の心が表れているそうです。
それと同時に、誰かを「頼りたい」という気持ちも含まれています。
ただ、相手に対して「反感」や「怒り」の感情がある場合は、上目遣いでも視線が強くなります。
もし、にらまれているような視線を感じる場合は、お相手の女性が何らかの不快感をもった可能性もあります。
そうしたサインを見逃さず対応することが大切です。
一方、甘えるような上目遣いの場合は、貴方に「頼りたい」という気持ちが大きくなっています。
意中の女性と仲良くなるチャンスになりそうですね。
デートクラブで素敵な出会いを手に入れたなら、その後も長く続くお付き合いにしたいと思うのが自然なお気持ちではないでしょうか。
スマートにそして紳士的に、意中の女性の気持ちに寄り添って、さりげなくエスコートすることで貴方への好感度は飛躍的にアップするはずです。
是非、デートクラブの女性との初デートの際は「視線や目の動き」に気をつけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.