迷った時には恋愛の名言を

恋愛は、人生において「必ず必要」というわけではないかもしれません。ですが、人生に「恋愛」というスパイスを加えることは、より人生を充実させることの一つだと思います。
交際クラブに登録する女性たちは、どの方も「男性との出逢い」を求めています。どのような男性が理想的かは、人それぞれではありますが、出逢いそのものに心をときめかせています。
性別にかかわらず、恋に堕ちることは、自分の感情をたかぶらせ、良くも悪くも精神的に不安定な状態になることも多いと思います。それほど、恋には魔力ともいえる不思議なパワーがあるのです。二人の仲が安定しているときは、仕事にも打ち込むことができ、見るものすべてがバラ色ともいえるほど、キラキラと輝いて見えます。会いたいという気持ちが募って、取るものも取りあえず、お相手のもとに向かってしまうということもあるかもしれませんね。
反対に、二人の仲の雲行きが怪しくなってくると、仕事も何も手につかず、ため息をついてばかり・・・夜も眠れず、相手のことが気になって仕方がないということもあると思います。
恋愛もそうですが、人と人との関係性は、計算ができるわけでもなく、「正解」といえるものもないのです。でも、人は人と関わらずして生きていくこともできず、そしてまた人を求めてしまう動物です。
気持ちが迷ったとき、何かヒントになるものを探してしまうことは、少なくないと思います。
そんなとき、恋愛についての名言を読んでみてはいかがでしょうか。
センチメンタルな気分になってしまう言葉や、「なるほど」とハッとさせられるような言葉など、いろいろな言葉がありますが、恋愛をするなかで彷徨ってしまったご自身を慰めてくれることになるかもしれません。
「男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。」ニーチェ

「こんなことをしたら嫌われるのではないかと、何もしない男が一番嫌われる。」中谷彰宏

「分別を忘れないような恋は、そもそも恋ではない。」トーマス・ハーディ

「ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。」ウィリアム・シェイクスピア

いかがでしょうか。このような恋愛についての名言や格言は、女性の方が目にする機会は多いと思います。女性とって愛や恋というのは、自分の人生そのものといえるからかもしれません。
でも女性だけでなく、男性から見ても、心を揺さぶる何かを持っている名言もあると思います。
愛に迷った時は、美しい詩や文章で、思いっきり感傷に浸ることも、恋愛における醍醐味と言えるのかもしれませんね。
交際クラブは、「人と人とを繋ぐ架け橋」ともいえる存在です。
交際クラブのスタッフは、男性の「誰かの温もりを感じたいとき」、「何もかも忘れて、ひたむきな情熱を注ぎたいとき」など、どんなときにも、皆様のお心の慰めになる存在でありたいと、常に思っております。
日常に何か足りないと感じている方、変化を求めている方、お問合せをお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.