心理学を使った効果的な恋愛のテクニック

高級交際クラブは、たくさんの女性の中から、自分好みの美しい女性と、エキサイティングな時間を楽しめます。
でも、「長期的な付き合いを望んでいるのに、なかなか希望通りにいかない・・・。」とお悩みの方もいらっしゃると思います。
「良いムードで初めてのデートを終えたのに、どうしてだろう。」と悶々と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。
恋愛は、男女の間で考え方や行動も違います。男性本位の考えで女性を射止めようとすれば、すれ違いが生じ、安定したお付き合いにならないこともあるのです。
そこで、今回は、「心理学」を使って、意中の女性とお付き合いが続くような恋愛のテクニックをご紹介します。
みなさまは、「ザイオンス効果」という言葉を聞いたことはありますか。
「会う回数を重ねるごとに好意度や印象が高まる」という効果です。何度も繰り返し聞いている音楽を好きになっていくのと同じで、繰り返し接すると、次第に相手に好感を持つようになります。
このことから、会う回数を増やすことで、相手の親近感を高めることができるといえるでしょう。
ただ、返事がないのにも関わらず何度もメールを送ったり、SNSなどでメッセージを送ったりするのは控えた方がいいかもしれません。
人によって、レスポンスに違いはありますので、ご自分のペースだけを物差しとせず、相手のペースも見極めながら、行動することが大切です。
そして、相手の女性からのレスが早い場合には、ご自身もなるべく早く返信をして、次の約束を取り付けることが効果的です。
また、ブランド物のバッグなど高いプレゼントを1つするよりも、会う回数を増やすために、数回に分けてプレゼントをするのも、この心理を利用した有効なテクニックと言えるでしょう。
ここまで来たら、次に有効になってくるのが「返報性の原理」です。
これは、「受けた恩は返さなければいけない。」という日本人特有の心理を応用するものです。まず、男性が女性にプレゼントなどをして、相手のプラスになることをします。
こうして恩を感じさせたところで、その後のお付き合いを有利に進めることができるのです。
男性が好意を寄せていることを、女性に気付かせれば、相手も好意をお返ししてくれる可能性が高いと言えます。
そして、最後にお伝えする心理学は「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」というもので、日本では「譲歩的要請法」とも呼ばれています。
これは、叶えたい要求を通すために、まず過大な要求をし、相手に断られたら小さな要求を出す方法のことです。
例えば、男性は映画デートを望んでいるとします。
しかし、デートに応じてくれるかどうか分からない相手なので、もしかしたら断られるかもしれません。
そこで、まずは、「来週、旅行にでも行かない?」などと過大な要求をするのです。
女性は知り合って間もない男性ですので、当然断ってくるでしょう。
そしたら、「じゃあ、映画でも見に行こうよ。」と本来叶えたかった要求を相手に出すのです。
女性も「映画くらいだったらいいかな。」とデートを受けてくれる可能性が高いでしょう。
「心理学」と聞くと、高度なテクニックを想像しますが、案外単純で簡単にできるものも多いのです。
ご紹介した3つの心理学を利用して、是非、交際クラブで出会った素敵な女性と良いお付き合いを続けて頂ければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.