素直になることの難しさ。

交際倶楽部、銀座クリスタル倶楽部の朝岡です(*^_^*)
こんばんは♪

みなさんは、気になる相手に素直な自分の気持ちを伝えることができますか?
私は、正直すごく苦手です(;一_一)(笑)
本日は、「恋愛で素直になることの難しさ」 について考えてみたいと思います(*^^)v

素直な気持ちで、思ったことや感情を伝えるというのは 、正直なかなか難しいですよね。
普段の生活をする中でも、「ここは絶対に素直に伝えなきゃ!」 と思う場面で、
性格やプライド、立場やしがらみ、 力関係や妬み、優しさや弱さ・・・
そんな様々なことが要因で、気持ちを伝えきれなかったり、素直になりきれないということも、多々あると思います。

では恋愛ではどうでしょうか?

「本当は好きなのに 、相手に伝わると恥ずかしいから全く逆の態度になってしまう」
「本当は会いたいのに、自分は平気だという態度で 変に物分りが良い人を装ってしまう」
こうして例を挙げればキリがないですが、 拒否されたら辛い・・重いと思われるのは嫌だな・・傷つくのが恐いな・・など、思い返せば、恋愛で素直になれないのは、根本的には“自分のため”で、もっというと、“自分の「心」を守るため”という理由が多いように思います。

普段、仕事をしている時や、友人と遊んでいる時などは大人びていて、 筋の通った対応ができる人でも、恋愛になると、途端に奥手になる方も、実は結構多いのではないでしょうか?
恋愛は基本的には、1対1のコミュニケーションで、論理的ではなく感情でするものなので、理路整然とした気持ちのコントロールは難しいのかもしれません。

そう考えると、恋愛において素直になるということ、つまり、自分の気持ちを 正直に伝えるということは、難易度が高い分、他の人とは差別化ができるので 相手の気持ちや信頼を勝ち得る可能性が高いとも言えます。

もちろん、 素直になる場面によって内容は異なるとは思います。

私自身は、 恋愛が感情でするものである以上、 相手に自分のことを好きになってもらう、あるいは継続して好きでいてもらうためには、 相手の気持ちを大きく揺らし、 大きく響くようなことをしないと、難しいのかもしれない・・と感じています。
達成するためには、自分の心が傷ついても、自分から素直に気持ちや感情を伝えることが
一番可能性が高く、重要なことなのかもしれませんね(^J^)

相手が素直に気持ちや感情を、自分に伝えてきてくれた時の嬉しい感情や、照れている感覚などは、みなさん経験があることかと思います。
あの何とも言えない感覚・・例え一瞬であっても、そのときは確かに気持ちを揺さぶられた感じがしますよね。

そういった事の積み重ねが、好きになるきっかけになったり、長く付き合える理由になったりして、相手の気持ちや心を掴み、恋愛へと発展していく・・・本当に素敵な事です。
そう考えると、恋愛が成立すること自体、凄いことなのですから、
「自分を守るために、素直になれない」なんて言っている場合じゃないですね!

とはいえ、こうしてわかっていてもなかなか実行に移せないから、恋愛は本当に難しいものです(/_;)

みなさんも、気になる相手がいる時は勇気を出して、素直な気持ちを伝えてみて下さい(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.