#

交際クラブでは、初めてのデートでは素敵なレストラン等でお食事をして仲を深めていただく機会が多いかと思いますが、会話のチョイスは今後のデートのためにも重要となっていくので、是非読んでみてくださいね。

交際クラブでの初めてのデートは、女性もどんな素敵なデートになるのか、期待と不安、そしてワクワクしながら向かっています。
お会いした際、見た目より重要となってくるのは男性の会話術といっても過言ではありません。
その際、控えていただく会話としていくつかお話ししていきたいと思います。

 

 

shutterstock_350473196過去の武勇伝や自慢話は特に男性がしてしまいがちです。
自分の仕事がうまいっていたり、有名人と知り合い、高学歴自慢や高級品のコレクション、過去にした悪いことの武勇伝などの話は女性からは敬遠されがちです。
どんなに素敵な肩書があったとしてもそれを自分で自慢する男性は一緒にいて面倒くさいですし、聞かされている方も「すごいね」と言わざるをえない状況です。
それは果たして「会話」といえるのでしょうか?
自慢や、武勇伝は、今後、関係性が近くなったとしても嫌われてしまう原因となりますので、控えましょう。

 

 

shutterstock_117069988自慢話とは逆ですが、相手の不幸な話は笑えるものならいいですが、
現在進行形で続いている不幸な話や、人が亡くなった話など、どうにもフォローが出来ないものは相手を困らせてしまいます。
せっかくの美味しい食事も、会話次第では台無しになってしまうことがあるので、是非気を付けてくださいね。

いくら話題が見つからないからと言って、自分しか知らない人や、自分の周りの面白い人の話など、両方にとって面白い話ならいいですが、自分だけが楽しい場合、相手にとっては愛想笑いをするしかできなくなってしまいます。
自分しか知らない人の話が多いと「この人といると退屈だな」と思われてしまいます。

 

 

 

shutterstock_198982214会話の中でも人の悪口などは女性のテンションを下げてしまいます。
それが有名人の話や、自分の部下などでも「この人性格悪いんだな~…」と思われてしまいますが、一番控えていただきたいのが、レストランのスタッフなどに「あの人、仕事ができないね」などと特定の人の悪口や、店員さんに強気に出る男性は特に嫌われます。
どんなにフィーリングが合って、自分に優しい男性でも、店員さんの小さなミスなどにすぐ怒るような男性は「いつかはこの人私にも同じように振舞うのかな」と思われて嫌われてしまいます。

 

 

モテる男性は気の使える会話をしてくれます。
みんなに平等で余裕のある会話術を心がけましょう。
自分だけが楽しい話は「会話」ではありません。
相手の興味があるような話を引き出して、楽しいデートにしてくださいね。