#

「敏感」の対義語に、「鈍感」といった言葉があります。
どちらかというと、「鈍感」という言葉の方が、なんとなく聞こえが良ないですが、恋愛においては、「敏感」よりも「鈍感」な女性の方が楽しくお付き合いができる傾向にあります。
それは、交際クラブにおいても同じようなことが言えるでしょう。

そもそも敏感な女性と、鈍感な女性とは、どういった違いがあるのでしょうか。
敏感な女性は、いわゆる勘が鋭いタイプです。
元来、女性という生き物は、男性よりも察しが良いと言われますが、あまりにもそういった能力が鋭敏だと、何かあったときに揚げ足を取られたような気持ちになることもままあると思います。
束縛されることが苦手な方にとっては、特に「面倒だな」とお感じになるかもしれません。
ようは、気付かなくていいことに気付いてしまう人、といった具合です。
言い方をかえれば、ある意味では、繊細な女性的とも言えなくもないですが、時と場合によっては男性側が、いつもより気を遣わないと行けない場面が多くなる場合が多いようです。

対して、鈍感な人は、細かいことを気にしない傾向にあります。
何か嫌なことがあっても「まあ、いいか」と考えられるので、基本的にポジティブな人が多いです。
こういったご性格の女性は、男性目線からすると、天真爛漫で明るい人に見えるので、交際クラブでのお付き合いでは、とても気持ち良くデートができるのではないのでしょうか。
端的に言うと、一緒に居て楽しいと思えるタイプだからです。
前向きな彼女と一緒なら、もやもやとした気持ちも吹き飛んでしまいますし、何か嫌なことがあっても、そういったことすら、忘れてしまえるようなデートが実現可能といえます。
癒しを求めている会員様にとっては、まさに打って付けでしょう。

恋人同士は、親密になるからこそ、多少のことは水に流せるようなくらいの、大らかさが丁度良いと言えます。
完璧な人間はどこにも居ませんから、なんでもかんでも細かいことを指摘されたら、ムッとする人だって多いと思います。
交際クラブのように、お互いに守るべき日常がある上でのお付き合いともなると、干渉しすぎないくらいの関係が丁度良いのではないのでしょうか。

男女問わず、気になる相手には、どうしても意識が向きがちになってしまうものです。
そんな時こそ、何事もポジティブに捉えることが、お二人のお付き合いをより明るくするということ、と気にとめておくだけで、前向きな気持ちでデートを楽しめるのではないのでしょうか。