デートの回数ごとの会話術 投稿日 by

当たり前のことではありますが、人は回数を重ねて会っていくうちにだんだんと相手との仲が深まるものです。
交際クラブで出会った男女も最初のデートでは、なかなか打ち解けられなかった関係から、 何度か逢瀬を重ねていくうちに、お互いのことを知り親密な仲へと発展していくものです。
ですので、まだ打ち解けていない最初のうちに、多くのことを質問し過ぎたり、話しすぎたりすることは避けた方が無難です。
一回目のデートではお互いに自己紹介程度にすませましょう。
あまり、深く聞き過ぎるよりも、「景色が綺麗だね。」や、「この食事美味しいね。」など、 二人で共感できる話題を中心にすることをお勧めします。
そのような会話の中で相手が好きなものや、苦手なものなど少し探ってみても良いでしょう。
二回目のデートの約束に成功したら、距離はグンと近くなった証拠です。
二回目のデートでは、一度目のデートで相手の分かったことを少し掘り下げてお話しすると良いかもしれません。
例えば、好きな食べ物などを既に聞いているのであれば、「いつもはどんな場所に行くの?」などと、別の角度から彼女のことを聞いてみましょう。
そうすれば、自然と彼女がいつもどのようなことをして過ごしているのか、またどのような場所に出かけることが好きなのかを聞き出すことができるでしょう。

そして三度目のデートです。
三度目のデートにお誘いしたら女性は相手の男性が、「自分に確実に好意を持っているな」ということを感じます。
ですので、ある程度、自分が好意をもっているということを相手に深く認識させる必要があります。
とはいいましても、急に「貴女のことが好きです!」なんて言うと女性もびっくりしてしまいます。
少し重く感じてしまい、せっかく楽しい気分だったデートも台無しにしてしまう可能性さえあるのです。
ですので、「貴女が好き」というよりも、「貴女の今日の髪型が好き」などと、自然な形で女性を褒めつつ、好意を示すと大人の余裕を感じられます。
また、距離を縮める為にも自分の生い立ちの話を少しすると良さそうです。
例えば、「小さい頃はこんな風に言われていたんだ。」などと、幼い頃の自分と家族の話をだすことで親密度も増していくことでしょう。

いかがでしょうか。
デートに必ず必要となってくる「会話」ですが、この「会話」一つで、そのデートがお互いにとって楽しいものとなるのか、残念なものとなってしまうのか、大きく変わってきます。
交際クラブで誘う女性は、貴方好みの女性となりますので、舞い上がってしまう気持ちもあるでしょう。
人は誰しも舞い上がるような気分になったり、無理矢理盛り上げようとしてしまうと、急に口数が増えることもあるようです
しかしここはグッとこらえて、相手のことを「ゆっくりと知っていく」ということを念頭に置き、会話を楽しむことに重点をおいてください。

交際クラブは普段出逢えない女性と出逢うことができる夢のような場です。
一つの出逢いを大切に育んでいく為にも、ゆっくりと会話を楽しんでくださいね。