優しさとは、時に厳しさである 投稿日 by

女性に好みの男性のタイプについてアンケートを取ると、必ず上位に入ってくる答えの一つが「優しい人」です。

回答する女性にとっても、この優しさの定義はそれぞれにおいて異なるかもしれません。

それくらい、漠然とした回答であることは間違いないでしょう。

そしてそれは、男性側の解釈によっても、さまざまな温度差が生まれてしまう可能性が高いとも言えそうです。

交際クラブの会員でなくとも、女性は男性との立場において受け身である場合が多く、理解されて、受け入れられ、愛されることを望んでいます。

そのようなタイプの女性から見た男性は、承認欲求を満たしてくれる存在です。

この場合の優しさは、女性にとっても男性にとっても、相乗効果の高い、お互いの愛情の確認という意味において、なくてはならない大切なものと言えます。

しかし、この優しさの意味を履き違えてしまうと、ただの甘やかしになってしまうリスクもあるでしょう。

優しさとは、相手のためを思って、してあげたい行動や伝えたい気持ちのことを指します。

女性の言動や行動において、悪気はなくとも第三者から誤解を招いたり、それによって非難される可能性がある場合、それを諭して未然に防いであげることこそが、真の優しさなのです。

女性に真意を伝えるために、時にはあえて厳しく接することがあっても、本人のためになるのであれば、それは優しさであると言えるわけですね。

ところが、逆のパターンもあり得ます。

厳しく言わなければ伝わらないと思っていても、女性に嫌われたくない一心で、柔らかい言葉で諭すことすら行わず、むしろ何も言わずに見なかったことにするのでは、本当の優しさではありません。

それを正さなかったことで、いずれ女性が傷つくことになるかもしれないからです。

また、分別もなく女性の希望をかなえようとすることも、決して優しさとは言えません。

これは、甘やかしと定義されるべきものです。

それに対して感謝してくる女性であればまだ救いもあるでしょうが、人間は現状にすぐに慣れてしまう生き物であるのも事実。

男性の、そうした女性の要求に無条件で従う甘やかしが続けば、女性にとってはそれが普通の状態になってしまいます。

すると、女性の気持ちからすれば、その男性はただの便利な存在であり、尊敬や敬愛といった感情に発展するために欠かせない気持ちを抱けない存在に成り下がるでしょう。

そこからはい上がって継続的なお付き合いの対象として認められることは、相当難しいと考えるべきです。

スタートラインに逆ハンデをつけてしまったのは自分自身であると、もはや諦めるしかありません。

そうならないためにも、優しさの本当の意味は相手を思いやって、ためになることを恐れずに指摘してあげられることだとご理解ください。

女性が人生の選択を間違ってしまわないように導くことができるのが、交際クラブの会員男性たちの特権です。

女性にとって忘れられない男性になってみたいとは思いませんか。