#
デートの定番=車のデートがすぐに思い浮かびますが、女性はどういった車でのシチュエーション(デートのスタイル)が好みなのでしょうか?男性からすると、自慢の愛車を使ってデートをするのであれば、相手の女性が満足してくれるに違いないと考えがちですが、男女に考え方の大きな隔たりがあることを忘れてはいけません。
好まれる車の種類
車を愛している男性は多くいらっしゃいますが、特に交際倶楽部に登録するようなお金に余裕のある富裕層の男性の場合、車にお金をかけ、カスタマイズをし、我が子のようにかわいがってメンテナンスすると思います。

こだわりを持った愛車でデートをしたいと考えるのは十分に理解ができます。
ただし、女性が同様にその車を好んでくれると思うのはまだ少し早いかもしれません。
男性がその車に対していいと思っているポイントと、女性のそれとはだいぶズレがある可能性があるからです。

上質なレザーのシートで、質の良いウッドパネルを全面にあしらい、こだわりの高級スピーカーで音楽を流す車内であれば、デートの環境としては申し分ないだろうと男性は考えてしまうものです。

しかし、女性は案外そのようなところは気にしてくれないものです。
固めのレザーのシートよりもふわふわとした坐り心地の柔らかいシートの方が好きだったりします。
また、どんなに音質の良い音楽をかけていても、音質については一切触れてくれず、今流れている曲がどうとかという話ばかりをするものです。
好まれる車内の様子
車でのデートでは車内の雰囲気作りも重要です。
楽しいデートにしたいときは、音楽もUPテンポのものにして、音量を大きめにしたりすることも必要でしょう。
ムードを大事にしたい時は、音楽だけではなく、出かける際の時間や場所も重要です。
明るい時より暗い時の方が雰囲気が出ますので、夕方以降のデートが一般的には良しとされます。

ただし、人が多くいるような繁華街を通るのと、人けがあまりない場所を走るのとではそれだけでもだいぶ違います。
また美人な女性を助手席に乗せていれば、当然周りからの視線も集まりやすいので、その辺もケアしてあげることが重要です。
匂いには注意
また、案外見落としがちなことに、車内の匂いの問題があります。
タバコを吸う男性の車の場合はわかりやすいのですが、それ以外にも、車特有の匂いであったり、エアコンフィルターからの臭い、またドライバーの男性自身の口臭が社内に充満していることなども考慮する必要があります。
例えば、女性を乗せる前には、車の窓を4カ所開けながらある程度の距離を走るなどして、社内の空気を総入れ替えするなどの気遣いをしてあげると良いかもしれません。
車に対しての男女の考え方に違いはありますので、まずはデート時の女性の気持ちになって、男性は準備をしてみてはいかがでしょうか。
#
  • 会員様専用ページ
  • 新規ご入会の方は
#
  • 銀座クリスタル倶楽部とは
  • 交際クラブとは
  • 料金システム
  • 仮申込みフォーム

男性の皆様へ