#
はじめに
付き合いたての初々しい時期が過ぎると、女性との付き合い方にも馴れ合いが生じてくる場合があります。
交際クラブで出会った彼女との時間。最初は相手のことがわからず、自分の行動・言動に気を配っていたはずなのに、いつの間にかだんだん気を遣わなくなり、今までは言えなかった小言や注意なども言えるようになってきます。
それは女性も同じかもしれません。でも女性は男性と違いその場の感情で物事を判断してしまいます。相手の状況を推察せず、自分の感じたことだけで判断してしまいがちです。
もちろん、言いたいことが言えるようになるのはそれだけ親密な関係になったということですが、うっかりすると本気で彼女を傷つけてしまうので注意が必要です。
傷つけられたと感じた女性は、貴方の真意を考えず、思わぬ行動に出ることもあり、最悪の結果、別れを選ぶという事にもなりかねません。
そうならないために、女性が傷つく「うっかり」な発言がどんなものなのか知っておきましょう。
◆デリカシーに欠けた発言
ありがちなのが、俗に言う「デリカシーがない」発言。
不用意な一言がもっとも女性を怒らせてしまいます。
軽口のつもりがケンカに別れに発展することもあるので、デリカシーがないと捉えられる発言には常に注意するべきです。
たとえば「女は楽でいいよね」などの何気ない一言。
こちらは忙しい仕事の合間をぬって彼女とのデートの時間を作っているのに、残業も無い暢気な彼女の姿を見るとポロっと口に出してしまいそうですが、女性からしたら「男尊女卑」以外の何物でもありません。
深い意味はないのに女性からはムッとされてしまうので、本心は隠して、男女差別的な発言をしてしまわないよう気をつけたいものです。
◆他の女性の話をする
他の女性の影をチラつかせるのもかなり印象が悪くなります。
仕事の空きができた時に彼女を食事に誘ったりするのでしょうが、当日のデートのお誘いは都合がつかない場合もあります。
彼女にデートを断られたからといって、「じゃあ他の子誘おうかな」などとついうっかり言おうものならケンカになる可能性もあります。
当て馬で焼きもちを妬かせるつもりでも、女性は意外と深刻に捉えてしまうので、不実だと思われてしまう発言はできるだけ避けた方がいいでしょう。
◆感情的にならない
彼女に責められて「うるさいな」とついポロっと口にしてしまうこともあるかと思います。
例えば、仕事で遅くなってデートに遅刻にしたとしましょう。
遅刻を責める彼女を「うるさいなあ」と軽く諌めたつもりが、多忙でイライラしている時などは「うるさいな!」とうっかり強い口調で言ってしまい、本気で怒っていると彼女に勘違いされてしまう場合があります。
強い口調はどんな形であっても女性に恐怖心を与えてしまうので、とてもデートを楽しむ雰囲気ではなくなってしまうでしょう。
精神的に余裕がないときはどうしても感情的になってしまうので、忙しい時は無理して会わないなど、ルールを決めて良い関係を築いていきたいものです。


男性にとっては、「どうしてこんなことが??」と思うことが、女性にとって大きなことになることも大いにあります。
異性の気持ちがわからないというのは、男性・女性誰もが感じることだと思いますが、若い女性は男性に優しくされることが愛情表現の一つだと思っています。
ある意味、優しくしておけば大きなもめ事を避けられるかもしれません。
女性には「ついうっかり」は通用しないことも多くありますので、気を付けて良いいお付き合いをしてくださいね。
#
  • 会員様専用ページ
  • 新規ご入会の方は
#
  • 銀座クリスタル倶楽部とは
  • 交際クラブとは
  • 料金システム
  • 仮申込みフォーム

男性の皆様へ